これから20年が飲み頃です!当たり年の贅沢なムートン2005!木箱入り3本セットも!!

入荷まさに飲み頃!当たり年、飲み頃、PP98点獲得のムートンが本数限定入荷!木箱入り3本セットも!
シャトー・ムートン・ロートシルト2005
シャトー・ムートン・ロートシルト2005 木箱入り3本セット
シャトー・ムートン・ロートシルト2005 木箱入り3本セット

(赤)シャトー・ムートン・ロートシルト 2005
92,000円(税抜)+消費税
Chateau Mouton Rothschild 2005

【フランス/ボルドー/ポイヤック 赤

☆ご購入はこちらから☆

こんにちは、デリバリーワインの江下です。

シャトー・ムートン・ロートシルトの当たり年、2005年が本数限定で入荷しました!

ワインアドヴォケイトが2016年にテイスティングした際には、飲み頃は2020~2050年と評価しており、さらにPPも、リリース直後には94-96点だったのが、2016年の再評価では98点に上昇しています。

折り重なるようにあふれ出る香り、ほどけ始めた芳醇なタンニン、まさに正統派ボルドーのもつ厚みと複雑さを存分に堪能できるワインに熟成していることが想像できる評価がなされています!

本数限定での入荷!お見逃しございませんように!

<テクニカルノート>公式HPより

葡萄品種

カベルネ・ソーヴィニヨン 85%、メルロー14%、カベルネ・フラン1%

テイスティング

The wine has an attractive colour, dark, deep and still very young, and an elegant, complex nose that combines refined notes of oak, toast and vanilla with intense, wild berry fruit. Touches of mint and spice complete the array, bringing freshness and originality.

The palate is both powerful and substantial, revealing attractively close-knit, juicy and succulent tannins combined with concentrated blackcurrant and blackberry flavours that reinforce the impression of fullness of flavour.

The finish is very long, carried by a touch of sweetness and the perfect expression of rich, ripe Cabernet Sauvignon typical of great Pauillac vintages.

シャトー・ムートン・ロートシルト ワイナリー風景

ピエモンテの彫刻家 ジュゼッペ・ペノンによるラベルデザイン

ムートンの贅沢な楽しみの一つに、毎年変わるラベルデザインがあります。

2005年ヴィンテージは1945年ピエモンテに生まれた彫刻家 ジュゼッペ・ペノンによって描かれました。

シャトー・ムートン・ロートシルト 2005

農夫であった祖父の影響を受けた彼の作品には野菜や木々、植物の葉や地球など自然界に存在するものがモチーフとして使用されています。

ムートンの2005年のラベルには、葡萄栽培家たちの「緑の指」が葡萄の葉とともに描かれています。これはまた同時に、ムートンのワイングラスに今にも手を伸ばそうとしているワイン愛好家ののびのびとした手も表現しています。

カテゴリー: 1 | コメントする

数量限定!予約販売!ポールジロー スパークリング グレープジュース

  【数量限定、予約販売】

お待たせしました!毎年あっという間に売り切れる、大人気!ポールジロー スパークリング・グレープジュース。数量限定!早い者勝ちです!!


※入荷は12月中旬の予定

ポールジロースパークリング

※写真は2008年ですがお届けは2019年ヴィンテージです。

ポール・ジロー
スパーリング・グレープジュース
2019
1,680円(税抜)+消費税
Paul Giraud JUS de RAISIN
GAZEIFIE
Vandanges Mannuelles 2019

【フランス/コニャック】

☆ご購入はこちらから☆

※入荷は12月上旬の見込みです
※お届け日希望なしをご選択された場合、入荷後直ぐに発送いたします。(この方法が最も早く届きます)
※こちらの商品は年内のみの発送となります。それ以降のお届け希望日をご選択いただいても対応できませんのでご了承ください。

こんにちは、デリバリーワインの江下です。

今年もご紹介できることとなりました!!

お待たせいたしました! 昨年は2年ぶりの発売となり好評を博した 大人気待望の ポール・ジロー が造る スパーリング・グレープジュースを今年もご紹介できることとなりました! 入荷は12月中旬となりますが、只今からご予約を承ります!

すでに輸入元では完売!なんとか確保できた分のみご紹介のため早い者勝ち!

2003年に日本に初めて紹介されて以来、圧倒的な人気を誇るスパーリング・グレープジュースにもかかわらず、ポール・ジローさんが本業のコニャック造りの片手間で、親しい人たちに飲ませるために作り始めた時から生産体制を変えていないため今でも生産本数は限られたまま。 そのため、どこを探しても見当たらない!という状況が続いています。

毎年のことながら、すでに輸入元では完売という状況です。

ポール・ジロー スパーリング・グレープジュースのファンの皆様、どうぞお求め逃しございませんように!
本数限定!早い者勝ち!です。

2019年 葡萄収穫レポート ポール・ジロー氏より

3月の時点ではブドウ畑の状態も通常通りだったのですが、春先に雨が多く降ったことで開花が遅れ、通常なら5月の終わりか遅くとも6月の第一週のところ、今年の開花は6月15日頃となりました。気温が低かったのも一因だと思います。

しかしながら、一週間に渡って開花の状況はとても良く、更に7月の晴天により美しく健やかなブドウが生育しています。

先週と今週(7/15~25)は気温が38~40℃まで上がり、私たちの地域では異常なほどの猛暑となりました。本当に暑すぎます。

8月は雨が降って気温が下がることを願います。それがユニブランの繊細なアロマにとって最高の条件だからです。
現時点(7/25)では、昨年と同等の高品質なジュースをお届けすることが出来ると思っています。

2019年 7月25日
ポール・ジャン・ジロー

見た目は完全にスパークリングワイン
なのにアルコール0%

見た感じは完全にスパークリングワインコルクにミュズレ。そしてこの色合い

このスパークリング・ジュース、「JUS DE RAISIN GAZEIFIE=炭酸を加えた葡萄ジュース」は、コニャックを造るブドウ(ユニ・ブラン)をそのまま贅沢に搾って造られた濃厚ジュースに炭酸ガスを加え、フレッシュなスパークリング・ジュースとして仕上げたもの。

ポールジローは昔ながらの完璧な手作業で、最高級のコニャックを造るこだわりの生産者。名門中の名門で、素晴らしいコニャックを造っています。

もともとはご自身の家族や近所の友人の為に造り始めたのだそう。ボジョレ・ヌーボのように、その年の収穫を祝って周囲の方々と飲む為のジュース、なんだか特別な意味合いがいいですよね。

毎年購入されてる方は、「今年は去年よりも濃縮感がある!」などと年毎の味わいの違いを楽しむ方もいらっしゃいます!

味わいは別格!凝縮した果実!
フレッシュで引き締まった酸!

一般的に想像するブドウジュースとは見た目さながら味わいも別格。ポールジローの原点ともいえる味わいが楽しめるとっても通な飲み物です。

もともとフルーティで酸味も強くきゅっと引き締まった味わいのブドウ品種なので、フレッシュ感と共に柑橘系の引き締まった香りと酸味を口の中に感じ、ぐっと凝縮感のある味わいが楽しめます。

まるで干したて白ブドウをそのままほおばったようなイメージ。甘ったるすぎず、酸がしっかりしているのでお料理にも合わせられますし、とっても贅沢な大人な味わいです。

シャンパングラスに注げば、細かい泡が立ち上がり、お酒が飲めない方でも飲んでいる気分になって楽しくなれそうです!

☆ご購入はこちらから☆

※入荷は12月中旬の見込みです
※お届け日希望なしをご選択された場合、入荷後直ぐに発送いたします。(この方法が最も早く届きます)
※こちらの商品は年内のみの発送となります。それ以降のお届け希望日をご選択いただいても対応できませんのでご了承ください。

カテゴリー: 1 | コメントする

ジョルジュ・ルーミエのひ孫が造る、希少なシャンボール・ミュジニー!さすがの味わい!11本のみ!!

     【11本限定】

名門ジョルジュ・ルーミエ、現当主の甥っ子が造る入手困難な希少赤!正統派の深みと可憐さが光る、さすがの味わい!お願いだから値上がりしないで、、、
ローラン・ルーミエ シャンボール・ミュジニー 2015

(赤)ローラン・ルーミエ
シャンボール・ミュジニー 2015
11,500円(税抜)+消費税
Laurent Roumier
Chambolle Musigny 2015

【フランス/ブルゴーニュ 赤】

☆ご購入はこちらから☆

こんにちは、デリバリーワインの江下です。

先代ジョルジュ・ルーミエのスタイルを継承する孫が造る正統派ブルゴーニュ!

ブルゴーニュワインの中でも圧倒的な人気を誇るジョルジュ・ルーミエは、ブルゴーニュワインファン垂涎のドメーヌですが、とにかく人気で価格高騰が激しいワインの一つです。 

そんなルーミエの血を引き、畑の一部も貰ってドメーヌを立ち上げたのが、今回ご紹介するローラン・ルーミエ。 

彼の造るワインは、ジョルジュ・ルーミエの現当主よりも、先代ルーミエのスタイルに似ていると言われており、ブルゴーニュらしい繊細さの中に奥深さを存分に発揮するスタイルに仕上がっていてとても満足度の高い味わいとなっています。

真骨頂シャンボール・ミュジニーが、ジョルジュ・ルーミエの三分の一のお値段で楽しめちゃう!!これ以上、知名度が上がりませんように、、、

しかも、嬉しいのは今回ご紹介のシャンボール・ミュジニーであっても、ジョルジュ・ルーミエだったら3万円は下らないところ、いまだに1万円台前半とジョルジュ・ルーミエの三分の一のお値段で買えること!

これは本当にありがたく、どうぞこのまま値上がりしないで!!と祈りたい気持ちになります。

そもそも生産本数が少ない上に、アメリカ、香港などで人気が高いためフランス国内ではほとんどお目にかかることが出来ないそうで、とにかくこれ以上知名度を上げてほしくない、と個人的には思ってしまいます。

今飲んでも美味しく、熟成のポテンシャルもたっぷりのシャンボール・ミュジニーお求めのがしございませんように!在庫限りです。

ブルゴーニュってやっぱりいいな、、、

色合いは可憐さのあるルビー色。

香りはボトルを開けてすぐはややこもっていますが、数回スワリングをして10分ほどするとふわっと広がり始めます。 

赤い果実のよく熟したニュアンスとともに、オリエンタルなスパイスやミネラリーな風合いが感じられます。 下から湧き上がって来るような力強さがありながら、とっつきやすくチャーミングな表情が前に出ていてとても魅力的です。

味わいは、果実のナチュラルな甘みが心地よく、酸は前面に出ることなくワインの骨格をしっかりと支えています。 全体にまるみのある味わいで、口に含むと素直に美味しい!と笑顔がこぼれるような味わいです。

豊かなボリューム感と多様な味わいが詰まっていて、もちろん余韻は長く心地よく。 ブルゴーニュのワインっていいな、、、と再確認させられる素晴らしい味わいのワインです!

ドメーヌ・ローラン・ルーミエとは

ドメーヌ・ローラン・ルーミエは1991年に創設したドメーヌです。 

1924年に設立以来、ブルゴーニュワイン界を牽引するドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエの血を引き、ジョルジュ・ルーミエ現当主のクリストフの甥にあたるのがローラン・ルーミエ。 

当初はジョルジュ・ルーミエでワイン作りを手伝っていましたが、1991年に一念発起し4ヘクタールの畑を手に入れ独立しました。 その際、ジョルジュ・ルーミエが所有する特級畑 クロヴージョを譲り受けたことも話題になっています。

少しづつ畑を買い増し、現在は10ヘクタール強の畑を所有していますが、それでも需要には追い付かず、入手困難なワインとなっています。 彼の造るワインは大変本数が少なく、日本に入ってくるのはごくわずです。

ローラン・ルーミエの造るワインは、クリストフが造る現在のジョルジュ・ルーミエよりも、よりジョルジュ・ルーミエらしい、すなわちジャン・マリーのスタイルに近いと言われています。

商売っ気がないうか、これだけ本数が少なく入手困難にもかかわらず価格を上げずに頑張っていることも、ワイン愛好家としては嬉しい生産者です!

カテゴリー: 1 | コメントする

ロマネ・コンティより少ない3500本のみの超少量生産ワイン!いつまでも飲んでいたい、深くしなやかな赤!

ロマネ・コンティより少ない年間3500本のみの超少量生産ワイン!大地の恵みに満ち溢れた、力強くしなやかな赤。次々に表れる多様な香り、身体に染入る優しい飲み口、いつまでも飲んでいたい、、、

希望小売価格 3,750円(税抜)

限定特価!! 3,280円(税抜)+消費税

エルギン・リッジ 282 ピノ・ノワール 2014

(赤)エルギン・リッジ 
282 ピノ・ノワール 2014
希望小売価格 3,750円(税抜)

限定特価!! 3,280円(税抜)+消費税
Elgin Ridge Pinot Noir 2014

【南アフリカ/ウェスタンケープ 
エルギン 赤】

☆ご購入はこちらから☆

※お届けは10月29日(北海道、九州、沖縄は30日)以降となります。

こんにちは、デリバリーワインの江下です。

とっても美味しいワインと出合いました!

ちょっとスモーキーで果実味とともに、ドライローズや深い森を思わせる深みのある香り。 口に含むとシルクのような液体がじんわりと舌を覆い、穏やかな果実味と共にボリュームのある旨味が広く長く続き、その味わいは身体の中に染み入るような感覚があります。

ワインであるにもかかわらず、アルコールっぽさを感じさせない穏やかな飲み口にグラスが止まらなくなって、気づくとなくなってしまうような味わいなのです。

標高282メートルの恵まれた畑から生み出される、年間3500本のみの超少量生産赤!

このワインが造られるのは、南アフリカを代表するワインの銘醸地 エルギン・ヴァレー。 この産地の中でも標高282メートルに位置する、わずか1ヘクタールの畑からこのワインは生み出されています。 (ラベルの282はこのワインが生み出される畑の標高を表しています)

その生産本数は、わずか3500本のみ。 あのロマネ・コンティの半分以下の本数しか造られていない、とても希少なワインなのです。 

恵まれた畑では、化学肥料、農薬は一切使用せず、畑の中にアヒルを定期的に放して害虫を食べさせています。 このような手段で手をかけつつ自然を尊重したワイン造りの姿勢は、深く旨味が溢れるワインのスタイルからも感じることができます!

一口飲むと、心身ともにエネルギーがチャージされていくような素晴らしい味わい。 豊かな気持ちになれるとても美味しいワインです!

エルギン・リッジ

滋味豊かな赤。旨味がずっと続きます!
いつまでも飲んでいたくなる美味しさです。

この日、何種類かワインを持ってきてくださった輸入元の方も一緒に試飲をしていたのですが、「このまま自宅に持ち帰って全部飲んでしまいたい!といつも思うんですよね、このワイン。 しみじみと美味しくって、いつまでも飲み続けていたくなるんです」 と愛おしそうにお話をして下さいました。

その方の言葉は実に的を得ていることを実感します。 

ミーティング後も時間をかけてグラスに残しておいたワインをテイスティングしたのですが、香りはさらに開き、味わいはよりまろやかになり深みを増していきました。

こんな風にしみじみゆっくり味わいたい!と思うワインは久しぶりでした。 

心地よい秋の夜長にゆっくりと味わいたい、とても美味しいオススメの赤です! 

エルギン・リッジ 282 ピノ・ノワール

深みのある多様な香り

ワインの色合いはふちにレンガ色が入った深い色合いです。 

グラスからは、カシス、オレンジ、ドライローズの華やかな香りに加え、葉たばこ、干し草、苔むした森などの深みがあってしっとりとした印象の香りが立ち上がります。 そして、丁子のようなオリエンタルなスパイス感も少し顔を見せ始めます。 

郷愁をかきたてる懐かしく穏やかな香りが広がり、時間とともに衰えることなく深みが増していくようです。 また、グラスに注いですぐにはあまり感じなかった、ベリーっぽい若々しさも改めて顔を見せはじめます。 他にも、皮革製品、鉛筆の芯の複雑なニュアンス、花やブーケの華やかな香り、そして海岸にいるかのような海を思わせるミネラリーな香りも感じられるようになります。

シルクの舌触りからボリュームのある旨味が広がって、、、

口に含むと、その液体は尖りがなくまろやかで、舌の上をしっとりと覆いつくすシルクのような舌触りが広がります。 そこにゆっくりと果実のまるみと穏やかな酸が現れボリュームのある旨味が長く長く続きます。 

そして、その旨味が身体の中にスーッと染入り、アルコールを飲んでいることを忘れてしまうような優しさでグラスが自然に進んでいきます。

深みのある多様な香りとエキスが詰まった味わい、しっかりとした骨格とエレガントさから、このワインが丁寧に造られたことが伝わってきます。

派手なワインではありませんが、造り手の思いやワインとしての質の高さを実感できる素晴らしい味わいです。

大地の恵みをたっぷりと吸い上げた力強さと穏やかさ

このワインは農薬も化学肥料も使わない、正真正銘のビオディナミ、とてもナチュラルな方法で造られています。 

ビオディナミを謳うワインの中には個性的な香りがするものも少なくないので個人的には苦手なワインもあるのですが、このエルギン・リッジのピノ・ノワールは大地の恵みをたっぷりと吸い上げた力強さと穏やかさに満ちたとても綺麗な造りで、自然に美味しい、と口から洩れてしまいました。

日本人の舌にもなじみ深いお出汁と通じる旨味も、大地のエネルギーと恵みを吸収した葡萄だからこそ出てくるのかもしれません。

「自然」であることにこだわったワイン造り

オーナー夫妻がこの地に畑を購入したのも、化学肥料をこれまで使用したことがなく、上質なワイン作りにかかさないクールクライメット(ワイン作りに適した冷涼地)の地であることが決め手でした。

エルギン・リッジ 畑の風景

アヒルも自由に歩く美しい畑

恵まれた自然環境を損なわないよう、彼らの畑にはアヒルが放し飼いにされ、ロバも自由に歩いているそうです。有機栽培にこだわり、動物のリサイクルで生まれてくる豊かな自然の畑のパワーをそのまま吸い上げた葡萄が収穫されています。

醸造においても、ピジャージュなど人間の手を入れることを出来るだけ排除する「ハンズオフアプローチ」で取り組んでいます。

何も足さない、何も引かない、大地が持つエネルギーを最大限に表現することにこだわり完成したワインです。

ジェイミー・グッド 91-93点

エルギン・リッジ 282 ピノ・ノワール は、わずか1ヘクタールの畑から造られています。そのため、生産本数もわずか3500本のみとごく少量です。

そのため、なかなかコンクールなどに出す機会もないのですが、彼らの恵まれた畑の環境に注目した英国人ジャーナリスト ジェイミー・グッドは、彼らの造るワインに常に90点以上の高得点を与えています。 

今回ご紹介の 282 ピノ・ノワール 2014 も 91-93点の高得点を獲得しています。

ちなみに、ジェイミー・グッド氏は植物生理学の博士号を持ち、 「新しいワインの科学」という本を執筆するなど精力的にワイン造りへの科学的アプローチを行い、あのジャンシス・ロビンソンが一目置くジャーナリストであり、ワイン評論家です。

エルギン・リッジについて

エルギン・リッジは2007年に設立した南アフリカのワインの銘醸地 エルギン・ヴァレーを代表するワイナリーです。

マリオン&ブライアン・スミス夫妻はロンドンで成功していたITビジネスを売却し、二人の夢であったワイナリーを造るため、ヨーロッパ各地のワイン産地を巡り、さらにニューワールドへも足を延ばすようになりました。

その際、現在ワイナリーが建つエルギン・ヴァレーの土地で放置された小さな農園に出合います。 この農園では農薬を一切使っていなかったこともあり、二人のこだわりである有機栽培の実践も可能ということで購入を決意します。 そして、2007年に葡萄樹を植えはじめ2年後には最初のワインを2500本リリースしました。

エルギン・リッジ オーナー夫妻

マリオン&ブライアン・スミス夫妻

畑の灌漑は最低限のみ、地中の微生物の活動や、葡萄畑を守るためのカバークロップ(畑を覆う草花)の規則的な栽培など、畑が本来持つべき自然の力を引き出す作業に注力しました。 ワイン造りの素人であったブライアンですが、熟練の栽培家や醸造家のアドバイスを受けながら試行錯誤を繰り返し独自のスタイルを築き上げました。

彼らの畑はワイン関係者ですら舌を巻く程緻密に管理されています。

なお、ワイン名 282 はこのワインの葡萄が栽培されいている単一畑の標高を意味しています。 海抜282メートルの畑は強い日差しがありながらも冷涼で、質の高い葡萄を栽培するための条件が兼ね備えたエルギン・ヴァレー屈指の場所に位置しています。

エルギン・リッジの葡萄畑


畑一面を覆う深い霧

カテゴリー: 1 | コメントする

2000円台で均整のとれたフルボディの味わい!圧倒的なコスパです!

凝縮した果実味、パワフルな飲み口、豊かな香り!これだけ均整の取れたフルボディ赤が、このお値段なんてすごい!
ホアン・ジル シルバー・ラベル パワフル赤

(赤)ホアン・ジル シルバーラベル
2,650円(税抜)+消費税
Juan Gil Silver Label

【スペイン/フミーリャ 赤】

☆ご購入はこちらから☆

こんにちは、デリバリーワインの江下です。

お肉好き、フルボディの赤ワイン好きの方にぜひともお勧めしたいのが、今回ご紹介する ホアン・ジル シルバーラベル です!

ブラックチェリーやブルーベリーの黒果実系、しかもよく熟したこれらの果実に、ドライプラム、干し肉、オリエンタルなスパイスなどの多様な香りが豊かに広がり、口に含むとガツンとボリュームのある果実味と樽感が、力強く滑らかに広がり余韻も心地よい香りが長く続きます。

パワフルなのに、ビロードのような滑らかさと柔らかさが口いっぱいに広がり、飲み疲れしないのもこのワインの素晴らしいところ。

ボルドーのワインでこれだけのバランスとボリューム感を望んだら、一体おいくらになってしまうんだろう??と思わず考えさえられるような、正統派の力強さを兼ね備えているんです。

この味わいを 2000円台で楽しめるのは相当なコストパフォーマンスの高さです!

秋の気配が感じられるようになった今の季節にぜひともお勧めしたい、フルボディの赤ワインです!

オススメです!

カテゴリー: 1 | コメントする