旨みが凝縮、さすがミシェル・グロ!モノポールとして初お披露目、特別区画で造られた白!

旨みが凝縮、流石ミシェル・グロ!同じオーコートでも他の生産者とはちょっと違う!この値段でこの味わいは安い!デキャンター誌90点獲得!

 

3,480円(税抜)
+消費税

ドメーヌ・ミシェル・グロ オート・コート・ド・ニュイ フォンテーヌ・サン・マルタン 2014 ボトル画像

 

 

(白)ドメーヌ・ミシェル・グロ
オート・コート・ド・ニュイ・ブラン
フォンテーヌ・サン・マルタン 2014
3,480円(税抜)+消費税

Domaine Michel Gros
Hautes Cotes de Nuits Blancs
Fontaine St Martin

【フランス/ブルゴーニュ
AOCオート・コート・ド・ニュイ 白】

☆ご購入はこちらから☆

※お届けは4月22日(北海道、九州、沖縄は23日)以降となります。

 

こんにちは、デリバリーワインの江下です。

代表酒井が美味しいブルゴーニュの白ワインを見つけました!

このワインを造っているのは、常に安定した美味しいワインを提供してくれる ミシェル・グロ。 今回出合った白ワインは、彼のお父様の代から地道に手入れをし続けてきたオート・コート・ド・ニュイの中でも特別な畑で収穫した葡萄で造られたワイン

フォンテーヌ・サン・マルタン 2014 です。

この特別な畑の完成には40年以上の歳月をかかりましたが、ついに2014年ヴィンテージより モノポール として認定されたました!今回ご紹介のワインはその初ヴィンテージとなる記念すべきワインでもあるのです。

実際テイスティングをした酒井は、
「オート・コート・ド・ニュイのワインはたくさあるけれど、ミシェル・グロが造る このフォンテーヌ・サン・マルタンの味わいは他の生産者が造る同地域のものとは味わいとは違い、オート・コート・ド・ニュイのすっきりとしたミネラル感に加え、独特の旨みを感じる」
「ワンランク上のワイン。 7千円、1万円のワインとも勝負できるレベルのものだ」
と、とっても美味しいワインだと熱く語っておりました。

丁寧な作業、まじめな人柄のミシェル・グロが父の代から丹精こめて作り上げた畑の葡萄で完成させたワイン。
絶対に美味しくない訳がありません!ブルゴーニュ白好きの方、お見逃しございませんように!!

7000円、1万円のワインとも勝負できる、豊かな味わい!
デキャンター誌でも90点獲得! “superb wine”

オートコートらしい綺麗な酸とミネラル感があるすっきりとした味わいなのだけれども、いわゆる「旨み」が最初から余韻にまであって、果実の甘さ、まろやかさとともに丸みのある味わいを作っていて美味しい。

2014年というまだ若いヴィンテージなので、他の生産者の同じ地域のワインも飲んだが、そちらは酸が強い印象がありとがった感じがした。そういうツンとした感じがミシェル・グロのこのワインにはまったくなくて、バランスがよく、若いヴィンテージながら既に完成している味わいでした。この値段とは思えない味わいで安い!と思いました。

まったり濃厚、というワインではなくブルゴーニュらしい繊細さもあって、果実の凝縮感を楽しむことができる白ワイン。とにかく美味しくて、7000円一万円のワインとも勝負できるレベルのもの。

ちなみに、イギリスのワイン評論誌 デキャンターでは 90点を獲得しています!

ドメーヌ・ミシェル・グロ オート・コート・ド・ニュイ フォンテーヌ・サン・マルタン 2014 ラベル画像

ミシェル・グロが父ジャンとともに40年以上かけて作り上げた区画

今回ご紹介する フォンテーヌ・サン・マルタン は、彼が所有するオート・コート・ド・ニュイに存在するひとつの区画です。 畑は標高400メートル弱の東南東の斜面に、階段上に広がっています。 こちらで収穫した葡萄も他の区画のワインとブレンドして オート・コート・ド・ニュイ としてこれまでも販売されていましたが、以前から フォンテーヌ・サン・マルタンには他にはないポテンシャルがある、と感じていたミシェルと父ジャン・グロは40年以上もかけて畑の手入れを行ってきました。

もともとシトー派の修道院が所有していたこの畑は19世紀末のフィロキセラ禍で壊滅して以来、その大部分が森と化していたそうです。1976年にミシェルの父ジャンがこの森の開拓に着手。ミシェルもそこに加わり畑を再建しました。

そして、1981年に4ヘクタールの畑にピノ・ノワールを植えると、1987年には残りの3ヘクタールにシャルドネを植え、2007年に購入した最後の1ヘクタールにも葡萄を植え、フォンテーヌ・サン・マルタン全体の再統合を果たすことに成功、現在に至っています。

クロ・デ・レアに次ぐ、第二のモノポール

ミシェル・グロはオート・コート・ド・ニュイのワインについて、これまでも区画ごとに醸造をしていたため、各々の区画ごとのワインの瓶詰めにいたるまでの熟成過程、ポテンシャルを把握したうえで最終的にブレンドしオート・コート・ド・ニュイとして販売してきました。 ですから、今回モノポールとしてリリースしたフォンテーヌ・サン・マルタンの魅力とオリジナリティについて30年以上にわたって観察し続けてきました。

この畑の土壌はジュラ紀のオックスフォーディアン後期の石灰とマールが混ざっており、同じような土壌は5キロ離れた白ワインの銘醸地コルトンの丘にも見られることからも、恵まれた畑であることが理解できます。

こうした背景から、グロ父子はこの区画のポテンシャルの高さに早い段階から気づき、畑の再建に熱心に取り組んできたそうです。ちなみに、ミシェル・グロが所有するモノポールの畑は ヴォーヌ・ロマネ の クロ・デ・レア に次いで2つめとなります。

長い年月を経て、初めてモノポールとしてリリースされたのが、今回ご紹介のワイン フォンテーヌ・サン・マルタン 2014 なのです。

ヴォーヌ・ロマネの名門 ミシェル・グロ

ブルゴーニュのワインをみると、「グロ」という生産者の名前をよく目にします。

代々ワイン造りに携わる一族の歴史は1830年代まで遡ることができるのですが、父の代で兄弟3人がそれぞれにドメーヌを立ち上げます。

今回ご紹介するミシェルの父ジャンはその兄弟3人の中でも特別な実力を持つ生産者であり、次第にワイン評論家たちから高い評価を獲得するようになり、一族の歴史に栄光をもたらすこととなりました。

偉大なる父のドメーヌ、ジャン・グロは1995年までワインを造り続けていましたが、晩年は長男でありボーヌ大学を卒業しそのまま父とともにワイン造りに携わってきたミシェルが、1979年に立ち上げた自らのドメーヌとともに手がけていた、と言う話は余りにも有名です。

献身的に父の手伝いをしながら、その哲学、こだわり、具体的な手法の全てを間近にしたミシェルにも3兄弟があり、それぞれにワイン造りを行っていますが、やはり、ミシェル・グロが生み出すワインが、偉大なる父のスタイルに最も近いといわれています。

ミシェル・グロ氏

ミシェル・グロ氏

ミシェルはたびたび来日していますが、彼が立つ試飲会の会場では、いつも人だかりができています。それは、彼の造るワインが超一流の美味しさに溢れていることは勿論なのですが、どんなに疲れていても自らワインを注ぎ、笑顔を絶やさない彼の人柄によるところも大きいのだと思います。本当に温かい空気が流れている方なのです!

<テクニカルノート>

土壌:泥灰土
発酵・熟成:醗酵:ステンレス・タンクにて3分の2まで醗酵、その後オーク樽へ移し醗酵
熟成:オーク樽熟成 (新樽比率20%)

カテゴリー: 1 | コメントする

美味しいブルピノ見つけました!既に輸入量制限となる人気ぶり!グラスが止まらない!

美味しいブルゴーニュ・ピノを見つけました!もうグラスが止まりません。英米で凄い人気!絶対に飲んでおくべきブルゴーニュ。造ったのは若干28歳の醸造家!

 

ドメーヌ・ドゥニ・ベルトー&ベルトージェルベ フィサン2014

ドゥニ・ベルトー&ベルトージェルベ

 

(赤)ドゥニ・ベルトー
&ベルトー・ジェルベ
フィサン 2014
4,780円(税抜)+消費税

Denis Berthau &
Berthaut Gerbet
Fixin 2014

【フランス/ブルゴーニュ
フィサン 赤】

☆ご購入はこちらから☆

※お届けは4月11日(北海道、九州、沖縄は12日)以降となります。

 

こんにちは、デリバリーワインの江下です。

美味しいブルゴーニュ・ピノに出合いました!!

「今朝事務所で開けてみたワインがとても美味しかったので是非飲んでいただきたくて!」と輸入元の方からお電話をいただきました。こんなお電話をいただくことは滅多にないので、早速夕方にそのワインを持ってきていただいたのですが、、、

一口飲んで、ものすごく美味しいくて嬉しくなってしまいました!
ブルゴーニュワインらしい、シルキーでエレガントなスタイルを保ちながら、力強さを秘めた味わいは素直に美味しくワクワクさせてくれる味わいです。素晴らしいワインを紹介していただけたので、皆様にも早速ご紹介させていただきます。

このワインを飲まないのは勿体ないと思います!

あまりに美味しくて、もうグラスが止まりません

綺麗なベリーの香り、まとまりのある球体の味わい、長い余韻。生き生きとしたパワーを秘めた液体がもたらす、滑らかでシルキーなのど越しは余韻にまで続き、口にしていると元気をもらえます。

飲みやすく美味しくて、グラスが止まらなくなり、気づけばテイスティングしながらグラス1杯をあっという間に飲み干してしまいました。(じっくりテイスティングして観察してみてください、とたっぷり注いでいただいたにもかかわらず、、、)

生き生きとした飲み口、味わいは生命力に満ちていて、余韻が長く美しい!このワインは絶対に買いです

香りはよく熟したピノ・ノワールの健全な香りがあり、ブラックチェリーのような赤い果実の素直で深みのあるニュアンスがやさしくグラスの中で膨らみ始めます。中くらいのグラスの中で注いで勢いよくスワリングするとフワーッとつぼみが開くよくに香りが紐解かれていきます。とても心地よい良い香りです。

そして、口に含んでビックリ!

香りのやわらかさに比べて、口の中に広がる味わいは力強いのです。果実の甘みと角のとれた酸、そして非常に滑らかなタンニンが三位一体となって広がります。滑らかに喉をとおりすぎていったその後には余韻長く続きます。

フィサンというブルゴーニュの中でもマイナーな地域のワイン、しかもあまり聞いたことのない生産者、、、普通に店頭に並べてあってもスルーしてしまいそうなブルゴーニュワインかもしれませんが、このワインは絶対に買いです!

地味な見た目とは裏腹の華やかな味わい。すでにワイナートなどでは「期待の次世代生産者」として取り上げられたりしているようです。まさに掘り出し物のブルゴーニュワイン、米英での人気が沸騰しはじめ、日本への入荷量は年々少なくなっているそうなので、ぜひとも今のうちに飲んでおくべきワインだと思いました!

生産者は若干28歳の女性醸造家。代替わりしたファーストヴィンテージが米英で大ブレイク!すでに入手が難しくなりはじめ、、、

このワインを造っているのは若干28歳の女性醸造家 アメリ・ベルトー です。2013年に父親からドメーヌを引き継ぎ一人でワイン造りを始めたのですが、彼女の手によるファーストヴィンテージ2013年が展示会などで米英のバイヤーから注目を集め、一気に人気に火がついてしまいました。

何代にもわたり家族で守ってきたドメーヌと畑は、フィサンの地において一目おかれる存在ではありましたが国際的に注目を浴びるようなドメーヌではありませんでした。しかし、ボルドー大学で醸造学を学び、ニュージーランドやオーストラリアでワーキングホリデーをしながらワインの現場を見つめた彼女がドメーヌを引き継ぐと、その才能は一気に開花し、父が造っていたワインとはスタイルの異なる、華やかで洗練されたスタイルを作り上げたのです。

このワインをご紹介くださった日本の輸入元では、先代のお父様の時代からこちらのワインを取り扱っていた関係で、それなりの本数は確保できてはいるそうですが、それでも確実に日本への入荷本数が少なくなり始め、トップキュヴェに到っては1ケース単位でなんとか入ればラッキーなのだとか、、、

女性醸造家 アメリー・ベルトー

この先、ますます人気が高まることは間違いなく、28歳の醸造家がさらに経験を重ねてた暁にはどんなワインを私たちに提供してくれるのか、目が離せない生産者であること間違いありません。

手に入る今のうちに、ぜひとも召し上がってみてください!きっと心に残るワインになるはずです。

日本のマスメディアも注目!

もちろん日本のメディアも彼女のワインを放っておくはずもなく、雑誌ワイナートの特集記事 『注目の造り手12』 に取り上げられた生産者の一人となりました。

ワイナート記事 注目の造り手

こだわりの畑仕事、こだわりの醸造

7代にわたり相続してきたポテンシャルの高い畑と、その恵まれた畑を引き継いだ若い女性醸造家 アメリ は、畑仕事にも、醸造においても強いこだわりを持って取り組んでいます。

たとえば、畑にあっては、父の代ではトラクターで行っていた土を柔らかくするための作業ですが、アメリはトラクターで行うと土の表面しか掘り起こすことができないからと、自らの手をつかって掘り起こす作業を行っています。労力も時間も果てしなくかかる作業ですが、このこだわりによって、ドゥニ・ベルトーの畑の土はフカフカな状態に保たれているそうです。

醸造においても 「父の作るワインは否定しない」と言いながらも飲み頃までに数年かかるワイン造りの方法を見直し、現代の好みに合うスタイルへと変化さえています。ニュージーランドで学んだマセラシオンの手法を取り入れ、彼女のワインの特徴である「シルキーなタンニン」を実現させました。

見た目の可憐さとは裏腹に、ワイン造りにおいては努力を惜しまず、新しい情報、テイスティングした人々からのフィードバックに真摯に耳を傾け、ひたすらワインに向き合う日々をすごしているそうです。

ドメーヌ・ドゥニ・ベルトー&ベルトー・ジェルベ

カテゴリー: 1 | コメントする

コスパ抜群!フレッシュな果実感に満ちた泡!今の季節に最高です

こんな泡が嬉しい!蜂蜜、リンゴ、トロピカル、豊かな果実の甘みと酸味!沢山の高評価いただいてます♪

 

チョーク・ヒル・ブルー・スパークリング

 

 

 

(泡)チョーク・ヒル・ブルー
スパークリング アンゴーヴス
1,460円(税抜)+消費税

Chalk Hill Blue Sparkling
Angoves

【オーストラリア 泡】

☆ご購入はこちらから☆

 

こんにちは、デリバリーワインの江下です。

春の日差しが心地よいこの季節、軽やかな泡が飲みたくなりますよね!そんなときにぜひともおススメしたいのがこちらのオーストラリアのスパークリングワインです。

ワイン評価誌でも高評価を獲得している生産者 アンゴーヴス が手がけるこのスパークリングワインは、なんと言ってもコストパフォーマンス抜群!

青いりんごやトロピカルフルーツのさわやかでフルーティな香りに、ほんのり蜂蜜のニュアンスも入り、一口飲んでみると果実のほんのりとした甘みがやさしく、アフターにかけての酸味と柔らかな苦味が全体を引き締め、雑味のない綺麗な果実感を楽しめます♪

この価格にして、このバランス!思わず笑顔になれる美味しい泡です。

いつ飲んでも、どこで飲んでも美味しい泡!

この価格帯のスパークリングをいただくと、時おり果実以外の独特の苦味・雑味を感じることがあるのですが、そういう人工的なところは一切ありません!

とても綺麗につくられていて、気づけばスルスルと飲み終わってしまいます。今回はオリーブたっぷりのサラミサラダと、ピザというカジュアルな食事と一緒にいただきましたが、こういうメニューには本当にぴったり!

アンゴーヴス チョーク・ヒルズ・ブルー・スパークリング と料理

大満足の1本でした!

このバランスの良さ、爽やか果実感はお花見などアウトドアで楽しむのにも持ってこいだと思います。 とっても使い勝手のよいスパークリングであること間違いありません!!

たくさんの高評価をいただいています!

実際に召し上がったお客様からもたくさんの高評価を頂戴しておりますのでご紹介させていただきます!

お名前:ITO 12本セット購入
もう何年も12本セット、リピートです。家飲みはこれに限ります。
お名前:あやこ 12本セット購入
いいです!この値段!ホームパーティで出して、値段を聞かれたので正直に答えたら、皆に驚かれました。何倍かの値段言っても納得してもらえたかも!?ラベルも全然安っぽくないし、これぞ乾杯の為のワイン!!かなり満足しています。
お名前:かほと満ちるのパパさん 6本セット購入
この値段ならとまとめて買いましたが、なくなるのはあっという間で、在庫をきにしながら、頼んだりしてます。また太田さんのコメントが的確でいつも感心しています。友人が食べに家に来たら開ける1本です。構えず、まぁ飲もう!というオーストラリアンスパークリングですね。
お名前:井上トオル 1本購入
ちゃんとした炭酸だけどキツイわけでなく、スーッと入っていきます。一口目は、ちょっと飲みにくい?と感じたのですが、後からはグイグイ飲め、飲みやすさを実感しました。飲んだ後口に残る感はないのですが、さっぱりするので口直しにも適してるかもしれません。毎日飲んでもいいなと思ったワインです。
お名前:さとちゃん 1本購入
本当だ。泡が細かい気がします。なんか高そうな味。いいね!

すでにお気に入りの1本となっているお客様も、まだ召し上がったことのない方も、是非お見逃しございませんように!!

☆ご購入はこちらから☆

カテゴリー: 1 | コメントする

ル・パンが造る幻のワインが限定入荷!12本のみ!

【限定12本】

ル・パンのセカンドとも言えるプライベートワインが限定入荷!シャトーでの自家用消費、あるいあh、ウィ穴リー訪問者だけが飲める特別なワイン。2年に一度だけ造る稀少中の稀少品!

トリロジー NV trilogie NV

 

(赤)トリロジー NV
58,000円(税抜)+消費税

Trilogie NV

【フランス/ボルドー
ポムロール 赤】

☆ご購入はこちらから☆

 

こんにちは、デリバリーワインの江下です。

入手困難度 No1

 その突出した味わいに魅了されたマニアの圧倒的な支持、そして生産本数が極端に少ないため非常に入手困難なワイン シャトー・ル・パン
ル・パンは今や30万円前後まで値段か高騰してしまったポムロールのシンデレラワインですが、そのル・パンがプライベート用として作り始め、ル・パン以上に圧倒的に生産本数が少なく入手しづらいワインがこの トリロジー です。

今回はその トリロジー が12本限定で入荷しましたのでご案内させていただきます!

あのル・パンが造る、プライベートワイン!

シャトー・ル・パンはポムロールにあるとても小さなシャトーです。1979年に現オーナーであるディアンポン家が所有するようになってから急激に評価があがったことから、シンデレラワインとも呼ばれていますが、1982年ヴィンテージでは100万円を超える値がついたことも話題となりました。

そんなル・パンが手がけたセカンド的存在のワインが今回ご紹介できることとなった トリロジーです。
もともと、ル・パンにおいてプライベートワインとして造られ、公に販売されることはなく、シャトー内で消費されるほかはワイナリーに訪れたときに運がよければ分けてもらえる、という特別なワインでした。

今でも生産量が増えたという情報もなく、いつ入るかもわからない入手困難な稀少ワインです!

トリロジーの由来

トリロジーは、1990年代にシャトー・ル・パンのプライベート用ワインとして、若木の区画やグランヴァンとしてはまだ出すことの出来ない樽のワインをいくつかブレンドして生み出されました。ファーストらべるとは異なり、ヴィンテージの異なるワインをブレンドすることで完成したワインはなかなかの完成度に仕上がったのですが、いざ出来上がってみると、生産者自身が何年物のワインをブレンドしたのかわからなくなってしまったことから、「三部作」を意味する『トリロジー』という名前がつけられました。

現在のトリロジーは、2003&2004年、2005&2006年、2007&2008年のようにブレンドして作られているそうです。

今回入荷したのは 2007&2008年ブレンドです。

なかなか見かけることのないワインなのです。

シャトー・ル・パンの所有する畑はわずか2ヘクタールほどしかなく、ル・パンの生産量はわずか500ケースとごく少量です。そのため、彼らが作るプライベートワイン トリロジー の本数がごく少量であることは容易に想像できます。

ル・パンのプライベートワイン、ワイナリー以外での入手はほぼ無理、と言われたらぜひとも飲んでみたい!とワイン好きなら思ってしまいます、、、

というわけで、このワインは輸入元のワインリストで見つけるのは本当に大変なのです。

限定12本!早いもの勝ち!!

トリロジー NV

☆ご購入はこちらから☆

カテゴリー: 1 | コメントする

名門ギガルとフェヴレイ、飲み頃ハーフボトルが絶妙な旨さ!

飲み頃ハーフボトル375mlが24本&12本限定入荷!シラー100%の贅沢な味わい熟成エルミタージュと飲み頃ブルゴーニュがお買い得!絶妙な熟成感!生産者は名門ギガルとフェヴレイ!とっても美味しいです♪

ギガル エルミタージュ 2002(375ml)

 

(赤)375ml ギガル
エルミタージュ 2002
3,200円(税抜)+消費税

Guigal Hermitage 2002

【フランス/ローヌ
AOCエルミタージュ 赤】

フェヴレイ リュリー 2004

 

(白)375ml フェヴレイ
リュリー 2004
1,600円(税抜)+消費税

Faiveley Rully 2004

【フランス/ブルゴーニュ
AOCリュリー 白】

☆ご購入はこちらから☆

こんにちは、デリバリーワインの江下です。

名門生産者が造る、贅沢な飲み頃ハーフボトル375mlが限定入荷!

15年熟成のギガル エルミタージュ 2002 のハーフボトルと、13年熟成のフェヴレイ リュリー 2004 のハーフボトルが本数限定で入荷しました!

通常の半分サイズの375mlのハーフボトルは、ちょっと飲みたいな、というときにも気軽に開けることができてとっても便利なんですよね。グラスにして3~4杯分ですから、飲み残して劣化してしまう心配もありません。

まさに飲み頃、15年熟成のエルミタージュが24本、13年熟成のリュリーが12本、ローヌとブルゴーニュの名門生産者が造る贅沢なハーフボトルワインが24本と12本のみどちらも本数限定での入荷です!

絶妙な熟成感!

エルミタージュを試飲した弊社の酒井曰く、「これは美味しい」「ハーフボトルだと熟成が早く、あまり上手く熟成しない場合もあるけど、これは今飲むべき絶妙な熟成感!、、、でも、二日目でも美味しかったので、もうちょっと熟成させても大丈夫。 デキャンタージュたら更に美味しいワインかも。」とのこと。

「複雑で濃厚。香り、味わいともに、時間とともに豊かに変化していく、熟成してこそ真価を発揮する、ローヌワインならではの美味しさがある」 とのこと。

力強いシラー100%のエルミタージュが適度の熟成を経て醸しだす香りとエレガントな味わい、、、想像するだけでワクワクしてきます! 私も飲みたいな~

100点連発の5つ星生産者が造る、とっておきの熟成ワイン!

ギガルといえばローヌのみならずフランスを代表する生産者のひとつ。ロバート・パーカーからも何度も100点を与えられ、5つ星生産者としてゆるぎない地位を獲得しています。

実際、彼らがつくるどのワインを飲んでも常に安定の美味しさで満足度の高さは相当なものです。

デリバリーワインでも ジゴンダス 2011 をご紹介しておりますが、このジゴンダスも普遍の人気をいただいています。

今回入荷したのは、実力者ギガルがセラーで大切に保管してきたバックヴィンテージのワインです。

2002年 エルミタージュ ハーフボトル。

エルミタージュはローヌの中でも長命なワインといわれており、飲み頃にまるまで10年はかかります。そして、生産年から20年くらいまでがベストな飲み頃タイミングといわれており、醸造から15年目を迎えた今、まさに飲み頃を迎えています!

シラーのみで造られるギガルが誇る上級キュヴェ

エルミタージュはローヌ地方の140ヘクタールほどの地域で、切り立った山に段々畑が広がっています。この地域では赤ワインと白ワインがそれぞれ作られていますが、赤ワインはシラー種を100%使用して造られるのが特徴です。

ギガルは、このエルミタージュに3.5ヘクタールの畑を所有しています

さまざまな葡萄をブレンドして造られるローヌ地方のワインの中でも、シラーは高貴な品種として扱われており、その味わいを100%堪能できるエルミタージュは一段格が高いワインと言えます。

ボーム、メアル、ベサール、エミルットの区画で収穫された葡萄を使用し、温度調整を行いながら4週間にわたり醸し発酵します。その後、新樽を50%使用しながら40ヶ月の樽熟成を行っています。

リリース直後のテイスティングコメントには 「エッジに紫がかった深いルビー。小さな赤い果実のアロマ。スパイシーかつ筋肉質な味わいで、カシスの芽やバニラ、そして甘草のアフターフレーバー」 と記録されています。

ギガル エルミタージュ 2002 375ml ハーフボトル

ボルドー、ブルゴーニュの名門と人気を争う、ローヌ最高の生産者

ギガルの創業は戦後間もない1946年と比較的歴史の浅い生産者です。

しかし、ご存知の方も多いかと思いますが、かのロバート・パーカーから満点5つ星の生産者と評価されており、彼らが造る最高峰の「コート・ロティ」は常に5万円近い値を付け、ボルドーやブルゴーニュの一流生産者の造るワインと同等、あるいはそれ以上の人気を獲得しています。

エティエンヌ・ギガルが創業し、2代目のマルセルが ヴィダル・フルーリィー社を傘下におさめ歴史的なドメーヌである「シャトー・ダンピュイ」を手に入れ、その後も少しずつ素晴らしい畑を傘下におさめながら、最高峰のローヌワインのヴァリエーションを増やしていきました。

エティエンヌ・ギガル氏

創業者 エティエンヌ・ギガル氏

現在、ワイン造りの全ての責任を負っているのは3代目にあたるフィリップであり、創業以来変わらない家族経営を続けながら、自社で熟成用の樽を製造する拠点を構えるなど、新しい取り組みをしながら、高い評価を獲得する高品質なワインを造り続けています。

ギガル一族

2代目、3代目ファミリー

カテゴリー: 1 | コメントする