こちらの商品はデリバリーワイン酒井がおすすめしています

このメルマガはHTMLにて配信しております。画像が見れない方は
下記アドレスにアクセスしてお読みください
http://www.delivery-wine.net/mg/2007/0710evenstad.html



ブラインドで「ロマネコンティ社」のワイン達に勝った
オレゴンのピノ・ノワール

ドメーヌ・セリーヌ ピノ・ノワール
エヴェンスタッド リザーヴ 2004
販売価格 7,780円(税込8,169円)

ご購入はこちらから

 

こんにちは、デリバリーワインの酒井です。

 アメリカのピノといえば、「カレラ」や「オーボンクリマ」といったカリフォルニアのワインがとても有名ですが、最近ではオレゴン州のピノも大変な人気なようです。
生産量が少なく、オークションなどで数百ドルもの値でしか買うことの出来ない俗にカルトワインと呼ばれるようなワインも増えてきていますが、先日素晴らしいクオリティーのワシントン州のピノに出逢い感動しましたので、是非皆様にご案内させていただきます。

こんなに美味しいピノにはなかなか出会えない

先日、ワシントンやオレゴンなどのワインを輸入しているアメリカ人の社長さんがいらして、彼の輸入するお勧めワインを何本か試飲させていただいたのですが、その中でもこのワインは飲んでびっくりしました。

それまで飲んだどのアメリカのピノよりも美味しかったのです。

「凝縮されたベリー系の果実味、滑らかな舌触り」

アメリカのピノと言うと果実味たっぷりで濃くて分かり易い、割と単調なワインを想像される方も少なくないと思いますが、このワインは格が違うようで、しっかりとした果実味の中にも繊細さと奥深さを兼ね備え、優しく柔らか印象を持つものでした。
酸味はピノとしてはとても少ないのですが、それでもバランスが整っていて余韻も十分に楽しめる、「とにかく美味しい!」 と思わせるワインだったのです。


それもそのはず、あのDRCに勝ったワイン

凄いクオリティーのワインだなと思ったら、それもそのはず。 このワインは2004年11月に米国で行われたブラインド・テイスティングであの、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)のワインに勝ったというすごい経歴を持つワインなのです。

DRCといえば、ピノ・ノワールの最高峰「ロマネコンティ」の造り手ですが、そのDRCの「ラ・ターシュ」や「リシブール」と言った数々のグランクリュ達との比較でそれら全てのDRCワインよりも高い評価を受けてしまったそうなのです。

相手は数十万円はくだらない世界最高峰のブルゴーニュ生産者です。
この事実は、ワイン・スペクター誌にも取り上げられましたが、当時のワイン関係者に大きな衝撃を与えたそうです。

 

人気とともに上昇し続ける価格

もともとクォリティが高いことでアメリカ国内で人気が高い生産者、DRCワインに勝ったことも一因となっているのか、最近ではその人気にますます拍車がかかり、販売価格もどんどん上昇しているようです。輸入元は「買い付ける度に仕入価格が上がるので、正直困っている」と嘆くほど。 

ロバートパーカーはドメーヌ・セリーヌを「オレゴンで傑出したピノ・ノワール・ワインの2大生産者の1つ」と評価し、ワイン&スピリッツ誌の読者投票では最も人気のあるオレゴン・ピノの生産者として名前が挙がりました。 また、ワインスペクター誌においてこのワインは92点を獲得しています。

こうした状況を知るにつけ、このワインがカリフォルニアのカルトワインのようになってしまわないことを、コストパフォーマンス優先の人間としては願ってしまいます。 しかし、現実的に、このワイン、来年同じ価格を維持できる可能性は残念ながらほぼない、と言えるでしょう。 

つまり、まさに今、買っておくべき価値のあるワインなのです。

 

また、酸味の強いピノが苦手な方にもおすすめです。


是非お試しください


ドメーヌ・セリーヌ ピノ・ノワール・エヴェンスタッド リザーヴ 2004
Domaine Serene Pinot Noir Evenstad Reserve 2004

 serene

 

販売価格 ()内税込
1本

7,780円(8,169円)

お買得!6本セット

45,780円(48,069円)

お買得!12本セット
90,840円(95,382円)


*こちらの商品のお届け日は11月8日(木)以降となります(九州・北海道・沖縄・その他離島は11月9日以降)

ご注文はこちらから。

産地      米国/オレゴン州/ウィラメット・ヴァレー
品種      ピノ・ノワール100%
収穫量     1ヘクタールあたり約32ヘクトリットル
熟成      フランス産オーク(71%新樽)で16ヶ月熟成、
         ノン・フィルター(無ろ過)、ノン・ファイニング(無清澄)
ボディ     フルボディ
アルコール  14.3% 

テイスティング・ノート

ダークチェリー、レッドラズベリー、パイプタバコ、ミルクチョコレート、ざくろと土っぽいアロマ。
ブラックラズベリー、チェリーパイ、バラ、スミレ、ブラックカラント(黒すぐり)、バラ、スミレ、オークスパイスのリッチでしなやかな風味の余韻が長いシームレスなフィニッシュの赤ワイン。 (輸入元より)

実際テイスティングをした時の印象としては、香りのボリュームはやや控えめですが、ラズベリーやさくらんぼ、いちごのような果実の香りやバラの香りに、スモーキィさとかすかな土っぽいニュアンスがありました。 30分経つとさらにやや動物的な香りやミネラル感が加わり複雑性が感じられました。味わいは凝縮された果実味と控えめな酸とタンニンの構成が非常によくまとまっていて、仕上がりが驚くほど上品でした。 果実味の凝縮感と上品さや繊細さを併せ持つ、非常によく出来たワインと言えると思います。

このワインを楽しんでいただくために:
抜栓してから最低30分は置いてから飲むことをお勧めします。 香りが開き始め、味はよりこなれて深いものとなるからです。 

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティとの勝負で圧勝

ブラインドテイスティングは2004年11月に全米22州から集まった業界トップ・クラスのプロフェッショナル37人によって両生産者のワイン(今回ご紹介のエヴェンスタッドを含む)の1998年、1999年、2000年の3ヴィンテージにおいて行われました。

evenstad2

結果は3ヴィンテージすべてにおいて、ドメーヌ・セリーヌがDRCを抑えて上位を占めたのです。 ちなみに、このブラインドテイスティングに出されたDRCのワインはラ・ターシュ、グラン・エシェゾー、リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、というそうそうたる顔ぶれでした。そして、今回ご紹介のエヴェンスタッドは、どのヴィンテージでもこれらDRCのワインを上回る評価を得ました。

 


Domaine Serene (ドメーヌ・セリーヌ)

evenstad7
オーナーのKen&Grace Evenstadご夫妻とワインメーカーのTony Ryndersさん

Domaine Serene(ドメーヌ・セリーヌ)はオレゴン州の有名な葡萄栽培地ダンディ・ヒルズの丘の上にある自社畑で栽培された葡萄から見事で素晴らしいピノ・ノワールとシャルドネをつくっています。その畑の管理と醸造法は毎年複雑味をもち、凝縮したエレガントなピノ・ノワールとシャルドネを作り出すようにデザインされ、全ての資材はこの目標に向かって投資されています。

evenstad3

栽培は凝縮したフレーヴァーを得る為、非常に収穫量を抑えた方法 - 過去14年間で全ての品種の平均収穫量は30hl/ha - を採っています。葡萄は全て手で収穫、選別が行なわれます。各畑の各区画のロット毎に小さな開放型の醗酵槽で別々に醗酵させ、フランスの複数の森の厳選されたオーク樽で熟成をさせます。最初から最後の行程までワインはポンプを一切使わないで自然の重力で移動させ、人の手による介入は最小限に抑えています。

ピノ・ノワールは14 - 18ヶ月樽で熟成させ、清澄も濾過もしないで、瓶詰め時にラッキングを行います。すべてのワインは瓶詰め後1年以上便宿させてから出荷します。

evenstad4 evenstad5evenstad6

オレゴンのピノ・ノワール、高品質ワインの秘密

そもそも、なぜ、アメリカの、しかもカリフォルニアではなく、オレゴンから、DRCに勝る評価を得るような素晴らしいワインが生まれたのでしょう?

その鍵の1つを握るのはオレゴンという土地が持つテロワールです。 オレゴン州は北緯45度に位置しピノ・ノワールの銘醸地ブルゴーニュとほぼ同緯度。 気候は冷涼かつ温暖、日照時間も長く、初夏から秋にかけてほとんど降雨がないため、栽培が大変難しいとされるピノ・ノワールの生育に理想的な条件が揃っています。 しかも、ブルゴーニュに比べても冷涼なオレゴンでは、収穫時期が9月末から10月後半と1ヶ月近く遅いため葡萄の生育期間が長く、ゆっくりと成熟を進ませることができます。 それにより、ピノ・ノワールの果実味を凝縮させ、独自の味わいを自然に引き出すことができるのです。

もう1つの鍵は葡萄の収穫量。 オレゴンの多くの生産者は葡萄の収穫量を厳しく制限するというブルゴーニュで伝統的に用いられる手法をとっており、これによりテロワールの良さを葡萄の中に凝縮させることに成功しています。 ドメーヌ・セリーヌでは収穫量は1ヘクタールあたり、およそ32ヘクトリットルとしており、これはブルゴーニュのグランクリュにもひけをとらない水準と言われています。

オレゴン最大のワイン産地ウィラメット・ヴァレー

ウィラメット・ヴァレーはオレゴン州最大のAVA(政府認定ワイン産地)で、州内にあるワイナリーの70%がウィラメット・ヴァレーにあります。 太平洋の影響を受ける穏やかな気候の下、冷涼な気候に適した葡萄品種には理想的な生育条件が備わっています。 

ところで、ウィラメット・ヴァレーはオレゴン州のワイン造りの発祥の地でもあるのです。今からおよそ40年ほど前、デイヴィッド・レットという1人の若者がウィラメット・ヴァレーにあるダンディ・ヒルズにピノ・ノワールを植えたことから、オレゴンのワイン生産の歴史が始まりました(彼は後に「Papa Pinot(パパ・ピノ)」という愛称で呼ばれるようになります)。 医者の道からワイン造りの道へと方向転換を図ったレット氏は栽培・醸造学を修めた後、ブルゴーニュ、アルザスの生産者をまわり、オレゴンがピノ・ノワールの栽培適地だと考え、最終的に行き着いたのがウィラメット・ヴァレーだったというわけです。   

その後、40年という短い年月でオレゴン州のワイン生産は驚くほどの急発展をとげ、今や生産量は全米第4位。 オレゴン州ウィラメット・ヴァレーをワインの生産地に選んだデイヴィッド・レット氏の先見性、ワイナリーの人々の情熱とテロワールの素晴らしさ、どれが欠けても今日のオレゴン・ワイン成功は有り得なかったでしょう。 

最後に、昨年、米国の某ワイン・メディアとのインタヴューの際に氏が残した言葉を参照させていただきます。
オレゴンと言う場所は、企業コングロマリット型の巨大なワイン生産者たちには不向きです。ここの気候では生産できる葡萄の量と種類が限られてしまいますから。 だからこそ、我々は、その代わりに品質に重点をおくのです」 - デイヴィッド・レット氏

 


★★★★★ご注文はこちらから★★★★★
http://www.delivery-wine.net/mg/2007/0710evenstad.html


デリバリーワイン 酒井
〒171-0014 東京都港区白金台2-7-1
Tel : 03-5913-8046 Fax : 03-5913-8047
http://www.delivery-wine.net/
★ギフトに生まれ年のワインはいかがですか?★



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
配信の新規登録・変更・停止は下記まで
http://www.delivery-wine.net/Infomation/mailmagazine.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【ご注意】 このメールにご返信されても弊社では確認ができませんので、 メールはこちらまでお願いいたします。
info-d@delivery-wine.net

【個人情報・厳守】 デリバリーワインでは、お客様から頂きました個人情報・プラ イバシー情報は、機密情報として管理しております。

【お酒は20歳から】 未成年者への飲酒は法律で禁止されています。 未成年への販売は行っておりません。

 

 
 

Copyright (C) 2013 Delivery-Wine Corporation. All Rights Reserved.