1986年のシャトーマルゴー

1986年のシャトーマルゴー作柄・出来

1985年に続くもうひとつの卓越したヴィンテージ。
しかし1985年は魅力的であったが、1986年はいかめしかった。珍しくもヴィンテージ(2000年まで)は最初から力強く凝縮されていた。これ以前にこれほ
どの豊潤さやバランスに出逢うためには、伝説の1961年に遡る必要がある。
1986年は驚くべきヴィンテージであり、非常にゆっくりとした熟成が、殆ど前の時代のワインを思わせる。タニックなストラクチャーは非常に引き締まり、とても濃密で、時の流れにつれてのみどうにか柔らかくなる。ブーケは今日開き始めているが、まだその果てしない潜在性の僅かな部分しか表現していない。味わいは、馥郁とし芳醇で、まだ僅かに固い。そろそろ飲むべきだろうか?…(2007年12月)

 

1986年のボルドーメドック地区マルゴー村の気候

夏の非常によい天候は、私たちが思っていた以上に よい効果をもたらしたことが分かった短い雨の通過 する9月20日頃まで殆ど続いた。その後すぐに、好 天が戻り、ブドウの収穫の間じゅう続き、ブドウの 実が素晴らしい成熟を手に入れることができた。 (10月1日の収穫)

 

セカンドラベル パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー 1986

パヴィヨン・ルージュの非常に偉大なヴィンテージ。しかも1986年には、殆どすべての区画が、もちろん並外れた気候条件のお陰で、非常に良質のワインをもたらした。また私たちは最も若く最も生産力のある区画のブドウの房を初めて間引くことを決めた。パヴィヨン・ルージュは、もちろんファーストワインよりももっと熟成しているが、まだ頂点に達してはいない。飲み始めることはできるが慌てることはない。(2002年9月)

 

白ワイン パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 1986

パヴィヨン・ブランの偉大なヴィンテージで、優美さと爽やかさともに、力強さと深みを理想的に結びつけている。瓶詰めから20年以上たち、ワインは依然として驚くほどに、爽やかであると同時に充分に熟成している。このワインは、偉大な爽やかさを留めながら、ボトルの状態で味がよくなるというパヴィヨン・ブランの能力の素晴らしい証しを与えている。(2009年7月)

 







お探しの誕生年をクリックしてください
ワインを探す 1918年 1919年 1920年
1921年 1922年 1923年 1924年 1925年
1926年 1927年 1928年 1929年 1930年
1931年 1932年 1933年 1934年 1935年
1936年 1937年 1938年 1939年 1940年
1941年 1942年 1943年 1944年 1945年
1946年 1947年 1948年 1949年 1950年
1951年 1952年 1953年 1954年 1955年
1956年 1957年 1958年 1959年 1960年
1961年 1962年 1963年 1964年 1965年
1966年 1967年 1968年 1969年 1970年
1971年 1972年 1973年 1974年 1975年
1976年 1977年 1978年 1979年 1980年
1981年 1982年 1983年 1984年 1985年
1986年 1987年 1988年 1989年 1990年
1991年 1992年 1993年 1994年 1995年
1996年 1997年 1998年 1999年 2000年
2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
カテゴリー: 1986年, シャトーマルゴーのヴィンテージチャート パーマリンク