1985年のシャトーマルゴー

1985年のシャトーマルゴー作柄・出来

1985年は品質でも量において卓越したヴィンテージだ。常に非常に美味しく飲め、それは殆ど発酵の終わりからそうだった。香りは、驚くようにフルーテ
ィーであり、繊細で、エレガントで、今ではもっと熟成し、非常に複雑になっている。味わいは、初めに繊細さと特に丸みがありシルクのようなタンニンの魅力に感動を覚える。しかし余韻や残存性が偉大な凝縮性を表している。
今日、1985年は最も心地よい私たちのヴィンテージのひとつに数えられる。よって問題なく飲めるが、急ぐ必要はない。何故なら全く疑いようもなく、さらに美味しくなる潜在性がたっぷりとある。(2007年3月)

 

1985年のボルドーメドック地区マルゴー村の気候

かなり涼しく晩生の年の始まりの後、このヴィンテー ジは、非常に好意的な成熟と収穫が印象に残る。何よ りも9月と10月は、並外れて暑く乾燥した。ブドウの 葉は、11月に入り遅くまで落ちなかった…。この 「小春日和」は誰の記憶にも残っている。(9月 26日の収穫)

 

セカンドラベル パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー 1985

グラン・ヴァンとしてパヴィヨン・ルージュ1985年は、素晴らしい。すなわちエレガントでバランスがよく、肉付きがよく、複雑で、非常に美味しく飲める!
アタックは甘く余韻が長く続く。正真正銘の御馳走だ…。今が飲み頃だが、慌てることはない。(2002年9月)

 

白ワイン パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 1985

パヴィヨン・ブランの困難なヴィンテージで、あまり魅力を持ったことはなかった。それでも特定の幸せとともに、その力強さと凝縮性によって、ワインは熟成することができた。すなわちワインは、瓶詰めされたときよりも美味しい。 いずれにせよ飲むべきだ。なぜなら私たちには、味がよくなると言う本物の潜在性が分かってはいない。(2002年9月)

 







お探しの誕生年をクリックしてください
ワインを探す 1918年 1919年 1920年
1921年 1922年 1923年 1924年 1925年
1926年 1927年 1928年 1929年 1930年
1931年 1932年 1933年 1934年 1935年
1936年 1937年 1938年 1939年 1940年
1941年 1942年 1943年 1944年 1945年
1946年 1947年 1948年 1949年 1950年
1951年 1952年 1953年 1954年 1955年
1956年 1957年 1958年 1959年 1960年
1961年 1962年 1963年 1964年 1965年
1966年 1967年 1968年 1969年 1970年
1971年 1972年 1973年 1974年 1975年
1976年 1977年 1978年 1979年 1980年
1981年 1982年 1983年 1984年 1985年
1986年 1987年 1988年 1989年 1990年
1991年 1992年 1993年 1994年 1995年
1996年 1997年 1998年 1999年 2000年
2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
カテゴリー: 1985年, シャトーマルゴーのヴィンテージチャート パーマリンク