1984年のシャトーマルゴー

1984年のシャトーマルゴー作柄・出来

アッサンブラージュにおける非常に僅かなメルローの割合と愛情をこめて獲得された成熟したカベルネ・ソーヴィニヨンが、最初から、このヴィンテージにあ
る種のいかめしさと特徴的なフィニッシュの固さを与えた。幸運にも瓶熟成でタンニンが和らいだ。今日ではアタックは、よりソフトであるが、フィニッシュは
軽く乾いている。1984年は、さらにボトルで芳醇になるだろうか?私たちは確信していない。ワインは今が飲み頃だ。恐らくさらにもっと少々繊細で複雑になるだろうが、少々乾くかもしれない。
よって今が飲み頃だが、興味から何本かのボトルを寝かせることもできる。(2010年)

 

1984年のボルドーメドック地区マルゴー村の気候

開花の間の寒く雨の多い天気が、メルローとカベル ネ・フランの歴史的な花振いを引き起こした。夏は むしろ暑く晴れたが9月の激しい雨がブドウの成熟 を妨げた。幸いブドウの収穫は太陽の下で行われ、 このことによりこの難しいヴィンテージにあって充 分に成熟したブドウの実を収穫することができた。 (10月1日の収穫)

 

セカンドラベル パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー 1984

むしろ難しいこのヴィンテージのボトルワインの状態の良さに驚かされる。フィネスがそこにあり、味わいは僅かに乾いているが常に爽やかだ。今が飲み頃。
(2002年9月)

 

白ワイン パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 1984

白の困難なヴィンテージだ。ブドウは、未だ若かった。収穫はかなり重要で、成熟さはかろうじて獲得された。
パヴィヨン・ブラン1984年は、常に少々薄かったが、洗練され、繊細だった。瓶で本当に味がよくなることができる僅かな凝縮性と複雑さの特徴を確かに示し
た。飲まれるべきワインだったが、それでも飲み頃を過ぎてからそんなにたってはいない。(2002年9月)

 







お探しの誕生年をクリックしてください
ワインを探す 1918年 1919年 1920年
1921年 1922年 1923年 1924年 1925年
1926年 1927年 1928年 1929年 1930年
1931年 1932年 1933年 1934年 1935年
1936年 1937年 1938年 1939年 1940年
1941年 1942年 1943年 1944年 1945年
1946年 1947年 1948年 1949年 1950年
1951年 1952年 1953年 1954年 1955年
1956年 1957年 1958年 1959年 1960年
1961年 1962年 1963年 1964年 1965年
1966年 1967年 1968年 1969年 1970年
1971年 1972年 1973年 1974年 1975年
1976年 1977年 1978年 1979年 1980年
1981年 1982年 1983年 1984年 1985年
1986年 1987年 1988年 1989年 1990年
1991年 1992年 1993年 1994年 1995年
1996年 1997年 1998年 1999年 2000年
2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
カテゴリー: 1984年, シャトーマルゴーのヴィンテージチャート パーマリンク