1982年のシャトーマルゴー

1982年のシャトーマルゴー作柄・出来

非常に力強く、肉付きがよく複雑なワイン。ブーケは既に並外れて豊かで濃密だ。アタックには、多くの力強さ、円熟味、しなやかさの特徴が同時に現れる。
このようなバランスは、稀だ。間違いなく非常に長く寝かせることのできるワインだが、既にたくさんの魅力がある。
飲み頃が始まっているかもしれないが、全く急ぐ必要はない…。(2011年2月)

 

1982年のボルドーメドック地区マルゴー村の気候

1年の最初から最後まで、天候条件は、 ブドウの木とブドウの実の成熟にとって非 常に好意的だった。早い時期の開花の後で、 夏はとりわけ7月と9月前半に特に暑かった。 ブドウの実は素晴らしい成熟に至った。特 に糖度における記録的な凝縮性によって特 徴を示した(9月20日の収穫)

 

セカンドラベル パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー 1982

シャト・マルゴーのセカンドワインは、完璧にこの規格を超越したヴィンテージの一環をなし、これによりワインは力強さ、複雑さ、豊満さの稀なレベルに到達
することができた。パヴィヨン・ルージュ1982年のテイスティングに顕著
に表れるハーモニーと複雑さの印象は、恐らくこのワインが熟成の頂点に達したしるしだろう。とにかく今完璧に心地よく飲める。しかしさらに数年待つこ
ともできる。(2010年5月)

 

白ワイン パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 1982

5月10日の特に厳しい遅霜が、潜在的な収穫を抜本的に削減した。翌年に、霜対策体制を導入した…。
春と夏の間続いた並外れた気候条件のお陰で、2番目のブドウの房は、量が削減され、非常に素晴らしい成熟に達することができた。
1982年はずっと前からすぐにパヴィヨン・ブランの最高のヴィンテージであることが明らかになった。最初から、ワインに素晴らしい瓶熟成を可
能にする香りにおける偉大なフィネスばかりではなく、味わいにおける偉大な力強さがあった。今日、ワインは、素晴らしい爽やかさと熟成香を留めている。今が飲み頃であるが、熟成を見守るために、数本のボトルを寝かせることもできる。(2006年1月)

 







お探しの誕生年をクリックしてください
ワインを探す 1918年 1919年 1920年
1921年 1922年 1923年 1924年 1925年
1926年 1927年 1928年 1929年 1930年
1931年 1932年 1933年 1934年 1935年
1936年 1937年 1938年 1939年 1940年
1941年 1942年 1943年 1944年 1945年
1946年 1947年 1948年 1949年 1950年
1951年 1952年 1953年 1954年 1955年
1956年 1957年 1958年 1959年 1960年
1961年 1962年 1963年 1964年 1965年
1966年 1967年 1968年 1969年 1970年
1971年 1972年 1973年 1974年 1975年
1976年 1977年 1978年 1979年 1980年
1981年 1982年 1983年 1984年 1985年
1986年 1987年 1988年 1989年 1990年
1991年 1992年 1993年 1994年 1995年
1996年 1997年 1998年 1999年 2000年
2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
カテゴリー: 1982年, シャトーマルゴーのヴィンテージチャート パーマリンク