【年に一度限りの予約販売 7/24締切!】アルコール0%!今年から生産量が減少!早い者勝ち!


【限定予約販売 7/24締切!】

 

今年から生産量が激減!毎年あっという間に売り切れる大人気!ポール・ジロー スパークリング・グレープジュース 「今年はジュースの生産量を減らして、コニャックを沢山造るつもりなんだ。日本のお客様には申し訳ないんだけど」byポール・ジロー 早い者勝ちです!!

ポールジロースパークリング

※写真は2008年ですがお届けは2016年ヴィンテージです。

ポール・ジロー
スパークリング・グレープジュース 2016
1,680円(税抜)+消費税

Paul Giraud JUS de RAISIN GAZEIFIE
Vandanges Mannuelles 2016
【フランス/コニャック】

※アルコール度数 0%!
妊娠中でも安心

 

問い合わせ殺到!
雑誌・ブログで話題沸騰中!

 

☆ご購入(予約)はこちらから☆

※こちらの商品は12月8日からのお届け指定とさせていただきます。
(お届け日指定なしの場合は入荷のタイミングにより前後する場合がございます)
※船便での輸送ですので、状況により入荷が遅くなることもありますので、ご了承ください。

今年から生産量がへってしまいます!
早い者勝ちですので、お早めに!

<2016年 ブドウ収穫レポート 輸入元インタビュー>
※例年ポール・ジロー氏よりブドウ収穫レポートを書面でいただいておりますが、今年はブドウの開花が非常に遅いため、細かい点を電話で聞き取り調査した内容をレポートにしております。

ポール・ジロー氏

ポール・ジロー氏(以下PG)「ブドウの成育がここまで遅れたのは、ここ何年かではなかったことだよ。過去にもあまり経験がないね。」

インタビュアー(以下IVR)
「何か心配なことはある?」

PG
「あとは自然に任せるだけだから、あんまり気にしていないけどね。でもコニャックにするにはいいかもしれない。」

IVR
「どうして?」

PG
「ワインにする段階の話なんだけど、例年なら暑いから、発酵中のワインの温度が高くなりすぎないようにかなり気を使うんだよね。でもなんだか今年は自然のままいけそうな気がする。ワインに負担がかからないんだ。」

IVR
「もっと日本のお客様に分かりやすいように説明できる?」

PG
「まずは前提として、外気温+10℃で発酵する。25℃~28℃で発酵するのが一番良いから、外気温は15℃~18℃ぐらいが理想的なんだ。」

IVR
「ふむふむ。」

PG
「で、ブドウの収穫時期が遅れると、外気温はどんどん下がるよね。求める外気温15℃~18℃ぐらいの時期にちょうど当たりそうな気がするんだ。いいコニャックになるよ。」

IVR
「まさかジュースの生産量を減らして、コニャックをたくさん作る気では?」

PG
「今年はそのつもりだよ。日本のお客さまには申し訳ないけれど、コニャックを作ることも僕の大事な仕事なんだ。」

IVR
「残念だけど、仕方ないね。」

PG
「でも一方で、今年はなんかちょっと変な感覚なんだ。」

IVR
「どういうところが?」

PG
「ここ数年はどんどん開花が早まってて、地球の温暖化をしみじみ感じてたんだ。今年開花が遅いのは、たぶん昔に戻っただけなんだよ。 でも何か感覚としては遅すぎる気がするんだ。もしかしたら温暖化に体が慣れちゃったのかもしれない。もちろん日本のお客さまには、ジュースもコニャックも頑張って作るから、楽しみにしていてと伝えてね。」

ご予約いただいた分は確保します!

毎年大人気をいただいている ポール・ジロー スパークリング・グレーブジュース 2016 の案内を輸入元より頂きました!!

今年もご紹介できる!と喜んだのもつかの間、今年は ポール・ジローさんのお考えにより、例年よりもスパークリング・グレープジュースの生産量がグッと減ってしまうそうなのです。

彼の本業であるコニャック造りに割り当てる葡萄の量を増やしたいという意向があってのことですが、しかし、こんなに美味しく人気のあるジュースの生産を減らしてしまうなんて!ちょっと残念、、、

しかし、デリバリーワインでは毎年皆様にご紹介していることもあり、一足早く今回のお話をご案内いただきましたので、先行予約いただい分は確実に確保していただけることとなりました!

予約締切 7月24日(日曜日)

早い者勝ち!予約しなくては買えない特別なスパークリングジュース!!
お求め逃しございませんように!

年に一度限りの予約販売

でも年に一度限りの販売の為、乗り遅れると一年待たなくてはなりません!

妊娠中・授乳中のママ達や、車の運転手さんの為に、パーティでは大活躍お酒好きもコニャックと割って飲むと最高です!

ブログや雑誌メディア関係でも多く取り上げられており、お洒落なワイン好きなら確実に知っておきたい話題の商品!

お友達にプレゼントしたりパーティに持っていったり、色んな人に紹介したくなっちゃうので、リピーターのほとんどはなんだかんだ言ってケース買いしてます♪

どうぞお見逃しなく!!!

 

見た目は完全にスパークリングワイン
なのにアルコール0%

見た感じは完全にスパークリングワインコルクにミュズレ。そしてこの色合い

このスパークリング・ジュース、「JUS DE RAISIN GAZEIFIE=炭酸を加えた葡萄ジュース」は、コニャックを造るブドウ(ユニ・ブラン)をそのまま贅沢に搾って造られた濃厚ジュースに炭酸ガスを加え、フレッシュなスパークリング・ジュースとして仕上げたもの。

ポールジローは昔ながらの完璧な手作業で、最高級のコニャックを造るこだわりの生産者。名門中の名門で、素晴らしいコニャックを造っています。

 

もともとはご自身の家族や近所の友人の為に造り始めたのだそう。ボジョレ・ヌーボのように、その年の収穫を祝って周囲の方々と飲む為のジュース、なんだか特別な意味合いがいいですよね。

毎年購入されてる方は、「今年は去年よりも濃縮感がある!」などと年毎の味わいの違いを楽しむ方もいらっしゃいます!

 

味わいは別格!凝縮した果実!
フレッシュで引き締まった酸!

一般的に想像するブドウジュースとは見た目さながら味わいも別格。ポールジローの原点ともいえる味わいが楽しめるとっても通な飲み物です。

もともとフルーティで酸味も強くきゅっと引き締まった味わいのブドウ品種なので、フレッシュ感と共に柑橘系の引き締まった香りと酸味を口の中に感じ、ぐっと凝縮感のある味わいが楽しめます。

まるで干したて白ブドウをそのままほおばったようなイメージ。甘ったるすぎず、酸がしっかりしているのでお料理にも合わせられますし、とっても贅沢な大人な味わいです。

シャンパングラスに注げば、細かい泡が立ち上がり、お酒が飲めない方でも飲んでいる気分になって楽しくなれそうです!

妊娠中の奥様、車の運転、お酒が弱い方、お子様にも!
コニャック・ファンは、コニャックを割って!

妊娠中のお友達にも必ず喜んでもらえます!100%ジュースなのでお子様にも安心。車の運転、お酒が弱い方にも!

お酒好きの方は、コニャックのチェイサーとして飲まれたり、コニャックをジュースで割るのも乙な飲み方です。

 

 

☆ご購入(予約)はこちらから☆

申込み締切 7/24(日)







お探しの誕生年をクリックしてください
ワインを探す 1918年 1919年 1920年
1921年 1922年 1923年 1924年 1925年
1926年 1927年 1928年 1929年 1930年
1931年 1932年 1933年 1934年 1935年
1936年 1937年 1938年 1939年 1940年
1941年 1942年 1943年 1944年 1945年
1946年 1947年 1948年 1949年 1950年
1951年 1952年 1953年 1954年 1955年
1956年 1957年 1958年 1959年 1960年
1961年 1962年 1963年 1964年 1965年
1966年 1967年 1968年 1969年 1970年
1971年 1972年 1973年 1974年 1975年
1976年 1977年 1978年 1979年 1980年
1981年 1982年 1983年 1984年 1985年
1986年 1987年 1988年 1989年 1990年
1991年 1992年 1993年 1994年 1995年
1996年 1997年 1998年 1999年 2000年
2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年

カテゴリー: 1 パーマリンク