ビンテージワイン ショッピングカート  
トップページ 会社概要 お支払い 配送・送料 生産者から選ぶ お客様の声 ヴィンテージチャート ワイン情報 
 
ラッピングについて 1本用ワインセラーと 花と一緒に贈る お客様の声
ギフトに誕生年のヴィンテージワイン

ヴィンテージチャート

クイック検索
1918年 1919年 1920年 1921年 1922年 1923年 1924年 1925年 1926年 1927年 1928年 1929年 1930年 1931年 1932年 1933年 1934年 1935年 1936年 1937年 1938年 1939年 1940年 1941年 1942年 1943年 1944年 1945年 1946年 1947年 1948年 1949年 1950年 1951年 1952年 1953年 1954年 1955年 1956年 1957年 1958年 1959年 1960年 1961年 1962年 1963年 1964年 1965年 1966年 1967年 1968年 1969年 1970年 1971年 1972年 1973年 1974年 1975年 1976年 1977年 1978年 1979年 1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
2010年 2011年 2012年 2013年
クイックサーチ
お探しします(お問合わせフォーム)

ワイン会でその品質を証明

ヴィンテージワイン  > ヴィンテージワイン取扱方法

 

ヴィンテージワインの取り扱いに関して

長い年月の熟成を経た古いヴィンテージワインはとても繊細で傷みやすいお酒です。
保管などに関しての情報はこちらでごらんください>>ヴィンテージワインの保管に関して

 

 

ヴィンテージワインワインを飲むにあたっての注意点

昔からフランスなどで「ワインには旅をさせるな」と言われたように、ワインはとても繊細で、振動、光、熱、温度変化には大変敏感なお酒です。特に長期熟成されたヴィンテージワインはとてもデリケートですので、保管や運搬には十分お気をつけ下さい。

ヴィンテージワインの取扱方法
 

お手元に届いたばかりのワインは運搬の際に振動を与えられてしまっている為、美味しくご賞味いただく為には、2〜3週間、ワインに適した環境(下記参照)で落ち着かせた上で、沈殿した澱が舞わないよう、ボトルを静かに扱いながらグラスに入れてお召し上がりになられる事をお勧めいたします。

※ 抜栓にあたってのご注意 ※
ヴィンテージワインのコルクは大変繊細で壊れやすいものです。コルクが瓶の中に入らないよう気を付けて抜栓してください。(専用のオープナーなども販売されております)

購入した後の保存方法
 

ワインは呼吸し、生きています。
(1)高い温度、(2)温度変化、(3)光、(4)振動、(5)臭い、(6)乾燥、など
にとても敏感で、品質の劣化や酸化を招いたり、液漏れが発生したりします。

購入した後、すぐに飲まずに保管される場合必ず、暑い場所には置かないで下さい。
→温度変化が少なく、涼しく、光があたらず、振動のない空間がベストな環境です。

ワインセラーが一番なのですが、基本的には冷蔵庫で大きな問題はございません。

理想を言えば、湿度が60%くらい、温度が15度前後で安定していること。振動がなく光が遮断されている状態がベストです。ただ、ワインセラーでもない限りやはりそれは無理ですので、ご家庭では冷蔵庫に入れることをお勧めしています。

よく床下の収納庫や押し入れ等と言いますが、現在の日本の夏などは明らかに暑すぎてしまうので、地下や日の当たらない暗い場所をお持ちのご家庭であっても、安心できる環境ではありません。ただ冷蔵庫は温度・湿度共に低すぎること、振動もありドアの開閉による庫内温度の変化や、食品の匂いが移ってしまう可能性があることから、長期の保存にはあまり適していません。

また、熟成は当然、保存方法に影響します。
やはり、熟成を楽しむ長期保存用ワインや、大事なワインを保管するのであれば、ワインセラーで保存する事が一番です。
例えば20年という、本当の長期熟成を考えられるのであれば、ワイン自体、熟成に絶えうるものであり、お値段もかなり張ると思われますので、そのワインに見合ったセラーをご購入された方が、良いと思います。(そのほうが安心です)

 

ご理解下さい
ワインの底に何か沈殿物/ワインの液体中に浮遊物について
 

沈殿物はワインの「澱(オリ)」と言い、熟成をしていく間に発生、不溶性となったワインの色素や渋味の成分がボトルの底に沈殿したもので、ワインの旨み成分ともいえるものです。
また、ワイン中のカリウムと酒石酸が結合し、結晶化して「酒石酸カリウム(酒石)」を生み出す事があります。

いずれも元来ワインが持っている成分ですので、人体に影響を及ぼすものではありませんし、長期熟成のシンボルとも言える存在です。ただ、口に入れて美味しいと感じるものではありませんので、お飲みになる際はそっと底に沈めたままお注ぎになるか、デキャンティングをしてお飲みになることをお勧めします。

味の保証について
 

申し訳ございませんが、ワインの保管状態や輸入ルートによって、酸化や酸敗、ワインへの悪影響の可能性は沢山あるといえます。またどんなに熟成環境が整っていたとしても、ブショネが起こったりすることがあるのが現状です。

世の中にはオークションに出されたり、様々な国を行き来して旅疲れしたワインも多くございますが、弊社ではなるべくお客様に満足していただけるよう、輸入ルートの確実な商品を選りすぐり、保管状態にも気を配っております。

ただ、ヴィンテージワインはその性質上、販売の時点で中身の味の保証はする事が出来ませんので、ご理解頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

ご注文方法 配送・お届け日時 お支払い 返品・交換・保証
ギフトに生まれ年のワイン
お探しの誕生年をクリックしてください
ワインを探す 1918年 1919年 1920年
1921年 1922年 1923年 1924年 1925年
1926年 1927年 1928年 1929年 1930年
1931年 1932年 1933年 1934年 1935年
1936年 1937年 1938年 1939年 1940年
1941年 1942年 1943年 1944年 1945年
1946年 1947年 1948年 1949年 1950年
1951年 1952年 1953年 1954年 1955年
1956年 1957年 1958年 1959年 1960年
1961年 1962年 1963年 1964年 1965年
1966年 1967年 1968年 1969年 1970年
1971年 1972年 1973年 1974年 1975年
1976年 1977年 1978年 1979年 1980年
1981年 1982年 1983年 1984年 1985年
1986年 1987年 1988年 1989年 1990年
1991年 1992年 1993年 1994年 1995年
1996年 1997年 1998年 1999年 2000年
2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
2011年 2012年 2013年 2014年 還暦ワイン

 

Copyright (C) 2013 Delivery-Wine Corporation. All Rights Reserved.